建築総合展NAGOYA2016に出展しました

展示内容:囲柱ラーメンフレーム完全2方向ラーメン(2層)

スパン:6m × (3m + 3m)
階高:2950 + 2800

名古屋吹上ホールにて開催された「建築総合展NAGOYA2016」に囲柱ラーメン木構造の実物大を展示いたしました。実際に見て触って感じていただけました。3日間の来場者数は400人を超え、盛況のうちに無事終了いたしました。多くの方々から貴重なご意見をいただきました。心より御礼申し上げます。

平成28年10月15日(土)13:00~14:10
会場内特設コーナー「ウッドカレッジ」にて講演いたしました。

テーマ 『中大規模木造建築物に対応した囲柱ラーメン木構造の開発』
講師:瀧本実 (ライン工業 代表取締役)

【講演内容】中大規模建築物を「木造」で!昨今の中大規模建築物が主に鉄骨造であるにも理由があります。その理由とは、鉄骨造のメリットであり、そのメリットを引継ぐ事ができる木構造体を「汎用木材」である事と「ラーメン構造」である事に拘って開発をしてきました。町の鉄工所が「木」を「鉄」に近づけた強度開発についてお話ししました

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。