• HOME
  • 囲柱(いちゅう)ラーメン木構造とは

囲柱(いちゅう)ラーメン木構造とは

囲柱ラーメン木構造とは

「構造用木材」と「専門金物」からなる木質ラーメン構造の一種です。

独創的な点は、4本の木材を金物を介して『一体化した柱』としている点と、その構成方法により可能となった「柱」と「梁」がぶつかり合う部分の『立体交差』であり、従来の「柱」「梁」分割構造に対し、当構造体は一体構造により「柱」「梁」共に材料の「剛性」を保持したままの構造強度を有しています。
それにより一般木造における壁率に換算すると「13倍」を現実のものとし、「鉄骨造の代替構造体」としての優位性を掲げ、多用途な建築の構造体として利用可能です。

『囲柱ラーメン木構造』とは、

「木」と「鉄」のコラボレーションにより「木構造の完全ラーメン」を実現するものです。4本の柱を一体化した姿を上から見ると「囲」と見えることをヒントに『囲柱ラーメン木構造』と名付けました。コラボレーションするそれぞれの要素が、互いに100%の力を引き出し合い強度を増すため、「鉄骨造」に替わって、中層・中大規模建築の「骨」となることが可能です。
現在の建築において「木造」に不足するものは「強度」です。戸建における要求も「壁」で閉ざされた空間構成から、自由度の増す大きな空間構成に変化してきております。これまでに前例の無い特異な木質空間を『囲柱ラーメン木構造』なら、作り出せるのです。

『囲柱ラーメン木構造』 メリット

  • 人にやさしい(五感効果)→香り・温もり・触感
  • 木材自他に断熱効果→鉄骨の約20倍の効果
  • 施工性に優れる
  • 加工性に優れる
  • 建築費安価(鉄骨造より1割減)→断熱工事費削減の実現/使用材料費低減・基礎工事費低減
  • 無柱の大空間構成→各接合部位に材料特性を活かしたものづくり/平面計画・意匠計画の自由度アップ
  • 構造強度
  • 採光・換気→開口が大きくとれ、採光・換気には充分
  • 準耐火性にも対応可能